転職サイト比較ランキング【コピペはすぐにバレる!志望動機を正しく書く基本】

コピペはすぐにバレる!志望動機を正しく書く基本

 転職サイト比較ランキング > 失敗しない転職対策

これといったはっきりとした志望動機があって転職に臨む場合には、履歴書欄の「志望動機」への記入もそれ程難しくないでしょう。しかし中には「実はその企業についてそれほど良く分かっていないけれど給料や条件など妥当な線だったのでここに決めた」という人もいることと思います。実際、そのような動機で入社してもその会社と相性がよく結局長く働いているという人も少なくありませんから、このような志望動機が一概に悪いとは言えません。しかしだからといって正直にそれを「志望動機」にするわけにはいきません。では、このような場合の「志望動機」はどう書けば良いのでしょうか。

<例文のコピペはNG!>
まず最初に覚えておきたいのは、「転職ノウハウサイト」などでよく掲載されている「志望動機の例文」をそのまま使うのは間違いということ。実際には応募企業のことをそれ程理解しているわけでもないので、何を書けば良いか分からないとどうしてもこれらの「例文」に頼ってしまいたくなりますが、例文のコピペは企業側の採用担当者が見てすぐにそれと分かってしまいます。採用担当者はその道のプロです。今まで数え切れないくらいの志望動機を読んできているため、例文のコピペを見れば「これ、別の履歴書でも読んだな」と思い出したり、そうでなくても本当に自社を理解した上で書いている志望動機とそうでないものとは経験上見分けがつくのです。また、例え履歴書上ではそれと気づかなくても、面接時に改めて志望動機が問われます。しかし例文をコピペしている人の場合、自分が作成したものではないためどうしてもその志望動機が「自分のもの」になっていません。そのため口頭での質疑応答の際に分かってしまうのです。

<正しい志望動機の書き方>
以上により、必ず志望動機は自分自身が作成したものにしましょう。そこで、採用担当者を説得できるような志望動機を書くにはどうすれば良いのでしょうか。まずは「自分のしたいこと」を洗い出し、それを達成するのに「何故応募先の企業でなければならないのか」を考えます。この時同業他社ではなくあくまでその企業が良い理由まで考えておきましょう。そして最後に「自分の強みを活かしてどのように働くつもりなのか、それがその企業にとってもどのような益になるか」という展望も語れるようにしておきます。こうすることで熱意と自己PRの両方が達成されます。しかしこれらのポイントを抑えるためには、やはり応募先企業についての下調べは欠かせません。是非転職したいというのであれば、それなりの努力は必須ということです。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 新卒でも使える転職サイトはあるの?

    「リクルートエージェント」や「マイナビ転職」、「DODA」などなど転職活動をサポートするエージェントサイトは多数あり、新卒者がこういった転職サイトで気になる案件を見つけた場合、起こる疑問が「新卒者でも転職サイトは使えるの?」ですよね。し...


  • 転職サイトを有効利用するために知っておきたいスカウト機能の仕組み

    多くの転職サイトで見かける「スカウト機能」。スカウト機能とは、その名の通り企業側から転職希望者へ「ウチで働きませんか」とスカウトすることを目的とした機能で、企業は転職サイトの登録者がアップしている職歴やスキルを掲載したレジュメを見て欲し...


  • アパレル業界の面接説明会に着ていくべき服装の正解は

    一般企業における面接時の服装は、基本的にスーツスタイルです。企業によっては 「軽装でお越し下さい」と言われる事もありますが、それでもオフィスカジュアルが基本です。一方で、面接時の服装選びが非常に難しいのがアパレル業界で、特に最近では就職...


  • 転職できない!陥りやすいアフェリエイトの落とし穴

    人間関係や通勤電車にウンザリしたなどの理由で会社を辞め自宅でアフィリエイトをして稼いでいたものの、そろそろ社会復帰でも・・・と考え始めたアフィリエイターも少なくないのではないかと思います。さて、そのような時にふと「これ、何て書いたらいい...


  • 転職サイトって安全なの?そんな事を言っているのはあなただけ!

    かつて転職ツールと言うと求人情報誌やハローワークが主力でしたが、スマホを含め大抵のことはインターネットで済ませてしまうことができるようになった現在、転職活動の主要ツールもネットを介した「転職サイト」に移行してきました。確かに転職サイトに...


  • 転職してお金がもらえるなんて怪しい!?転職お祝い金の仕組みとは

    近年転職サイトを運営する企業が急激に増えてきたこともあり、その中で集客を目的に「転職祝い金がもらえる!」というキャッチコピーを掲げているサイトが増えてきました。転職希望者からすれば、無料で転職活動のサポートをしてもらえるだけでなく、見事...


  • 厳しいけど無理ではない!飲食業からの転職事情

    数ある職業の中でも、飲食業の正社員は最もキツイ仕事の1つと言われています。年収は悪くなくても週に1日休みが取れれば良い方、残業代も出ず毎日毎日体力勝負ともなれば、もう他業種へ転職しようかな・・と考え始めるのも無理はありません。しかし一方...


  • 面接官はココを見ている!医療事務の志望動機のポイント

    医療事務に限らず、転職面接の際には必ずその病院や企業を選んだ理由が問われます。いわゆる「志望動機」です。志望動機は面接の合否を分ける重要なポイントになるので、志望動機はできるだけ面接官の納得がいく、更には好印象を与えるものである必要があ...


  • 嘘の情報に騙されない!ブラック企業を見極めるポイント

    転職を考える際に気をつけたいのは「ブラック企業」です。この言葉が使われるようになってもうかなりの年月が経ちますが、未だに「残業代が未払い」「労働条件が過酷」「セクハラ・パワハラ」といった労働基準法違反になり得るの問題企業は存在しています...


  • 最近増えているWeb履歴書とは?

    「リクナビ」や「FindoJob」などの転職サイトを利用すると、そこから良さそうな案件を見つけた場合Web上で履歴書や職務履歴書を送付し応募することになります。インターネットで応募できるので応募者にとっては手軽ですし、受け取る企業側にと...