転職サイト比較ランキング【最近増えているWeb履歴書とは?】

最近増えているWeb履歴書とは?

 転職サイト比較ランキング > 失敗しない転職対策

「リクナビ」や「FindoJob」などの転職サイトを利用すると、そこから良さそうな案件を見つけた場合Web上で履歴書や職務履歴書を送付し応募することになります。インターネットで応募できるので応募者にとっては手軽ですし、受け取る企業側にとっては最初に応募者のプロフィールやスキルを確認できるため、欲しいと思える人材を効率よく選定していくことができるわけです。またWeb履歴書を登録しておくことで、それを見た企業側からスカウトのオファーが来ることもあります。

<Web履歴書・職務履歴書の書き方>
Web上とは言え履歴書や職務履歴書の基本的な書き方は同じです。履歴書作成ページの記入項目をチェックし、自分が記載するべき項目を洗い出して全体的な構成を考えましょう。記入内容としては、氏名や住所などの基本的な個人情報であるプロフィール、これまで経験した業界やスキル、保有している資格、職歴、自分のセールスポイントを記入する自己PR、そしてその企業に応募した志望動機が挙げられます。それぞれ転職サイトによって多少フォーマットが異なりますが、どのフォーマットにも各項目に補足欄が用意されているので、ここで有利になりそうな情報は積極的にアピールしてください。

<web履歴書作成のポイント>
web履歴書の場合1つ作成しておけば複数の企業に送ることができるので、どの企業にも使えるような当たり障りのない内容にまとめておいて使い回す人もいますが、採用率を高めたいならこの方法は良くありません。受け取る企業側もそのような履歴書はすぐに分かるので、熱意を感じられず「この人物にあってみたい」という気にはなれません。そのため、web履歴書も1つ1つ企業ごとに合わせましょう。そのために、まずはその企業が求めている人物像や企業理念などをきちんとリサーチし、それに合わせた自己アピールや志望動機を構文してください。何故その企業なのか、そこで自分はどんな風に活躍できると思うのかなどを簡潔に説明するのです。

また内容も大切ですが、パッと見た目に分かりやすく読み進めたいと思わせるレイアウトであることも大切です。どんなに内容が良くても、細かい文字を改行もせずにビッシリ敷き詰めて書いてある履歴書だと、そもそも読む気が失せてしまいます。これは自分が読む立場だったら、と考えれば明白です。ですからポイント毎に小見出しを付けたり適宜改行を入れたりして、パッと見ただけでも分かりやすく読みやすそうな履歴書に仕上げましょう。最後に誤字脱字や分かりにくい文章になっていないかなどを見直してから送信します。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 新卒でも使える転職サイトはあるの?

    「リクルートエージェント」や「マイナビ転職」、「DODA」などなど転職活動をサポートするエージェントサイトは多数あり、新卒者がこういった転職サイトで気になる案件を見つけた場合、起こる疑問が「新卒者でも転職サイトは使えるの?」ですよね。し...


  • 転職サイトを有効利用するために知っておきたいスカウト機能の仕組み

    多くの転職サイトで見かける「スカウト機能」。スカウト機能とは、その名の通り企業側から転職希望者へ「ウチで働きませんか」とスカウトすることを目的とした機能で、企業は転職サイトの登録者がアップしている職歴やスキルを掲載したレジュメを見て欲し...


  • アパレル業界の面接説明会に着ていくべき服装の正解は

    一般企業における面接時の服装は、基本的にスーツスタイルです。企業によっては 「軽装でお越し下さい」と言われる事もありますが、それでもオフィスカジュアルが基本です。一方で、面接時の服装選びが非常に難しいのがアパレル業界で、特に最近では就職...


  • 転職できない!陥りやすいアフェリエイトの落とし穴

    人間関係や通勤電車にウンザリしたなどの理由で会社を辞め自宅でアフィリエイトをして稼いでいたものの、そろそろ社会復帰でも・・・と考え始めたアフィリエイターも少なくないのではないかと思います。さて、そのような時にふと「これ、何て書いたらいい...


  • 転職サイトって安全なの?そんな事を言っているのはあなただけ!

    かつて転職ツールと言うと求人情報誌やハローワークが主力でしたが、スマホを含め大抵のことはインターネットで済ませてしまうことができるようになった現在、転職活動の主要ツールもネットを介した「転職サイト」に移行してきました。確かに転職サイトに...


  • 転職してお金がもらえるなんて怪しい!?転職お祝い金の仕組みとは

    近年転職サイトを運営する企業が急激に増えてきたこともあり、その中で集客を目的に「転職祝い金がもらえる!」というキャッチコピーを掲げているサイトが増えてきました。転職希望者からすれば、無料で転職活動のサポートをしてもらえるだけでなく、見事...


  • 厳しいけど無理ではない!飲食業からの転職事情

    数ある職業の中でも、飲食業の正社員は最もキツイ仕事の1つと言われています。年収は悪くなくても週に1日休みが取れれば良い方、残業代も出ず毎日毎日体力勝負ともなれば、もう他業種へ転職しようかな・・と考え始めるのも無理はありません。しかし一方...


  • 面接官はココを見ている!医療事務の志望動機のポイント

    医療事務に限らず、転職面接の際には必ずその病院や企業を選んだ理由が問われます。いわゆる「志望動機」です。志望動機は面接の合否を分ける重要なポイントになるので、志望動機はできるだけ面接官の納得がいく、更には好印象を与えるものである必要があ...


  • 嘘の情報に騙されない!ブラック企業を見極めるポイント

    転職を考える際に気をつけたいのは「ブラック企業」です。この言葉が使われるようになってもうかなりの年月が経ちますが、未だに「残業代が未払い」「労働条件が過酷」「セクハラ・パワハラ」といった労働基準法違反になり得るの問題企業は存在しています...


  • 最近増えているWeb履歴書とは?

    「リクナビ」や「FindoJob」などの転職サイトを利用すると、そこから良さそうな案件を見つけた場合Web上で履歴書や職務履歴書を送付し応募することになります。インターネットで応募できるので応募者にとっては手軽ですし、受け取る企業側にと...


  • 未経験でWebデザイナーに転職を目指すなら知っておきたい10の心得

    「Webデザイナーに転職したいけれど未経験だから無理」と考えてあきらめていませんか?しかし実際のところ、未経験・独学でWebデザイナーになった人も少なくありません。そこでここではWebデザイナーになるための心構えと踏むべきステップ・実践...


  • そのミスは致命的!面接に落ち続ける人の共通点とは?

    スキルや経験的には問題がなく、実際に書類選考までは難なく通過するのになぜか面接で落ちてしまい、なかなか転職できないという人もいるのではないでしょうか。このようなタイプの人は、面接でしてはいけない発言や行動をしている可能性が高いでしょう。...


  • 転職エージェントをフル活用して転職活動をスムーズに進める方法

    転職希望者の強い味方になってくれる転職エージェント。求人案件を紹介してくれるだけでなく、実際に転職成功に至るまでをしっかりサポートしてくれる所がほとんどなので、「登録した後はエージェントに任せっきり」という人もいるかもしれません。しかし...


  • 失敗したくないなら3つのポイントを要チェック!転職サイトの選び方

    現在転職希望者の転職活動ツールの主力になりつつある転職エージェント。その需要に合わせて転職エージェントの数も豊富な為、一体どのエージェントを利用すればいいのか分からなくなっている人もいるのではないでしょうか。そこでここでは転職エージェン...


  • 仕事が無い!30代におすすめの転職サイトの使い方

    どのような業界でも20代までなら何かしら見つかる転職先も、30代も半ばを過ぎた頃から徐々に不利になり自分が希望する条件に合った転職先を見つけることは難しくなっていきます。現在の転職活動の主流と言えば転職サイトですが、果たして30代でも転...