• 転職サイト比較ランキング

薬剤師は病院や調剤薬局・ドラッグストアなど勤務先もいろいろ!

薬剤師ってどんな仕事?

薬剤師の仕事は、医師の指示に従って薬を調剤したり、管理や販売を行うといったものです。


病院内においては、依頼に応じて調剤を行います。


薬の種類や数量を間違えないよう確認し、患者の元へ届けるのが仕事です。


服用する薬の種類によっては副作用を起こすこともあるため、どの患者がどんな薬を常用しているのか適正に管理するのも仕事です。


病院外に設置されている調剤薬局やドラッグストアでの薬の管理も、薬剤師の仕事です。


処方箋を持って訪れる患者に対して、速やかに調剤を行い手渡します。


ここでは直接患者の方とコミュニケーションすることになるので、会話の中で病状や薬に関する疑問などを確認するなど、接客の能力も重要になってきます。


製薬会社で働く場合には、新薬の開発に従事することになります。


ここでは主に研究がその仕事内容になるため、地道に物事に取り組み新しいものを発見できるスキルが求められます。


次々と開発される薬に関する知識を積極的に取り込んでいく姿勢も大事です。




どんなスキルが必要?

医師、看護師と共に医療現場で必要な存在といえば、薬剤師でしょう。

薬剤師になるためには、大学で薬学を学び、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。


勤務先は病院、薬局、調剤薬局、最近では病棟薬剤師という職種もあり、転職先として人気があります。

病院に勤める薬剤師の仕事は、医師が処方したお薬を用意しお薬手帳や電子カルテを使ってお薬を管理します。
これはドラッグストアでも行われています。

病院とは違いドラッグストアでは処方されたお薬だけでなく市販のお薬を買い求める人も訪れます。

的確に症状を聞きだし、ひとりひとりに合ったお薬をおすすめするのも仕事です。

またドラッグストアではお薬以外の日用雑貨も取り扱っています。

ときにはレジを打ったり、商品管理を行うこともあります。


病院やドラッグストアとは少し違う調剤薬局では、さまざまな漢方薬をひとりひとりに合わせて調剤します。
薬草に詳しく、人の自然治癒力を引き出すための研究、西洋医学と共に東洋医学の知識も必要です。


そして転職先として人気がある、病棟薬剤師ですが、入院病棟で患者のお薬の管理をする薬剤師のことです。
医師、看護師と共に患者の様子を見ながら、お薬の調剤をすることが可能です。
薬剤師にとって、患者の様子を実際に見ながら調剤しすることはとても貴重な経験になるのです。

ただお薬を管理するだけではなく、どのような効果があるのかを説明し服用の仕方を説明します。
患者に不安感を与えないように、コミュニケーション能力も必要です。


これからは高齢の入院患者が増えてきます。

自分でお薬の管理が困難な場合もありますので病棟薬剤師の存在は、医師、看護師にとっても必要な存在となることでしょう。




知識以外に必要なものは?

薬によっては人の命にかかわることも多いため、数多くの薬をミスなく調合していく確実さが求められる仕事です。


煩雑な作業も多いため、それらを迅速に行える根気強さも必要です。


薬剤師に多い3つの転職理由別・この転職を最後にするためにおさえておきたいポイント

転職理由を考える

薬剤師は一つの職場で定年を迎えるよりも、いくつかの職場を転職することが普通と考えられています。

しかし気を付けていないと、転職を複数回繰り返してしまうことになります。

どんな理由があるでしょうか。


一番多い転職理由は人間関係?!

まず人間関係を理由に転職する薬剤師が多くいます。

調剤薬局などでは閉ざされた空間で毎日同じ顔ぶれの中で仕事を続けていくため、些細なことで人間関係がギクシャクしてしまうことがあります。

また女性が多い職場でもあるため、上手に人間関係を築くのが難しい場合もあります。


やっぱり給与の不満も転職理由に

2つ目に多い理由は収入アップです。

他の仕事に比べると収入面では恵まれた条件で働けていると考えられていますが、実際には企業や地域、業種により異なります。

自分の仕事の大変さや責任の重さと収入が合わないと考えて転職を希望する薬剤師も多いようです。


スキルアップ・キャリアアップが転職理由になる事も

3つ目の理由はスキルアップ、キャリアアップを考えての転職です。

一つの職場で学べる知識やスキルには限りがあります。

そのため、総合力のある薬剤師や専門性を深めたいという目標を持つ薬剤師であれば他業種への転職も可能であれば挑戦したいと考える傾向があります。

薬剤師の過剰供給が始まると言われる昨今、将来性のある薬剤師になるためには転職が不可欠かもしれません。


薬剤師が転職を繰り返さないための方法

医者

最後の転職にするためにできる3つのポイント

では転職回数をできるだけ減らすために何ができるでしょうか。

まず人間関係で転職をする傾向のある薬剤師であれば、転職前にあらかじめ職場見学を申し込んでみることができます。

求人情報などの紙面やコンサルタント会社からの説明だけでは実際にわからない部分も多々あります。

実際に薬剤師が働いている環境に自分を置いてみることで、自分が働いている様子を想像してみることができます。

また職場内での自分の立ち位置も間違うことなく業務を開始することができるでしょう。

収入面で満足がいかずに転職を繰り返す場合はどうでしょうか。

勿論、収入が良いにこしたことはありません。

しかし収入もよくプライベートの時間もしっかり取れ、通勤に便利な職場というように理想的な職場は殆どありません。

もし収入を優先的に考えるのであれば、他の面で妥協しなければいけない事を銘記しましょう。

スキルアップで転職するのであれば、自分がどんな薬剤師を目指したいのかを明確にしてから転職することが大切です。

転職先では自分が希望しているスキルを身に着けることができるかもしっかりと確認したいポイントです。






同じカテゴリーの最新の記事