• 転職サイト比較ランキング

エンジニアの転職・仕事のお悩み解決!人気転職サイトや活躍できる業界・仕事内容などまとめ

エンジニアってどんな仕事?

技術者とも呼ばれるエンジニアの仕事は、技術的な知識を身につけた上で行うものが一般的です。


製造、技術開発、設計、運用など職種としては多岐に渡り、機械や電子、情報などの工学的分野に携わるものや、理化学的な分野も含まれます。


具体的な仕事内容としては、例えば自動車開発があります。


ボディやエンジン、ギアボックスなど各部を分担して設計を行い、一つの自動車を作り上げていきます。


従来のデータを流用しながら開発するケースも多いのですが、エンジニアの場合には特に新技術を生み出すことが求められます。


より低公害のエンジンを開発したり、少ない燃費で走れる車体の設計などが任されます。


エンジニアの仕事には、消費者向け以外の技術開発もあります。


ロケットや航空機の製造・開発など、技術をもとに新しい分野を切り開いていく仕事に従事することができます。




どんなスキルが必要?

エンジニアとは「技術者」を意味します。

コンピューターや航空関係、自動車また音楽などさまざまな分野での専門職、技術職の人を指します。

コンピューター関係では「システムエンジニア」や「ネットワークエンジニア」です。

コンピュータ関係やネットワーク関係の資格を積極的に取得すると良いでしょう。

特に最近では医療施設での電子カルテ導入により、専門的なシステムとネットワークの構築で受付から診察、会計までがスムーズに進んでいます。

医療施設だけでなく学校や企業にもコンピューターやネットワークは普及しています。

導入する施設や企業に合わせたシステムを開発しています。

航空関係では「フライトエンジニア」自動車関係では「自動車エンジニア」です。
航空整備士や自動車整備士の資格が必要となり、当然ながら経験と豊富な知識が必要です。専門的な学校で学びます。

飛行機はたくさんの人を乗せて運びますので、安全で快適であることが絶対条件となります。

また自動車の場合は、エコカーやハイブリッドカーが現在の主流です。

安全で環境に配慮したものを作り出していかなければなりません。>

音楽関係では「レコーディングエンジニア」となります。音楽も時代と流行する曲が大きく変化しています。

人々を活気づける音楽、癒しの音楽など、どんな人がどんな曲を求めるかを常に把握する必要があります。

常に時代の流れと人々の求めるものを把握し、研究しながら経験を積む姿勢が大切です。






同じカテゴリーの最新の記事