転職サイト比較ランキング【外資系企業と国内企業のちがいとは?転職にはこんな人が求められる!】

外資系企業と国内企業のちがいとは?転職にはこんな人が求められる!

 転職サイト比較ランキング > なりたい職業に転職

外資系企業と国内企業って何がちがうの?

外資系の仕事内容は、基本的には国内の企業のそれと同じものです。


メーカーや金融業、販売業、コンサルティング会社など、日本国内でも見られる業種が揃っています。


仕事の内容は国内企業と変りないものの、その進め方については外資系ならではの独特のものもあります。


例えば仕事について上司から指示を待っていては評価されません。


自分から課題を探しそれを解決していく能力が求められます。


また自分なりの考えを持ち、それを提案できる能力も必要です。


仕事が与えられる国内企業と比べると、外資系の仕事では自分から積極的に動いていく必要があります。


仕事や成果への評価についても、年功序列制が一般的な国内企業と違い、能力や成果が高く評価されます。


年齢に関係なく早く昇進できるのは外資系の大きな魅力です。



どんなスキルが必要?

こうした外資系の仕事に就くためには、即戦力として活躍できる業種に応じた高いスキルが必要です。


特にスペシャリストとも言える特化した能力を持っていることは、大きな強みとなります。


外資系の企業においては上司やスタッフが外国人であることも多く、英語で問題なく会話できる能力も必要です。


単に意思疎通が取れるというだけでなく、ビジネスシーンに応じて外国語を使い分ける能力や、専門用語も使いこなせる人材が望まれます。







同じカテゴリーの最新の記事