• 転職サイト比較ランキング

看護師の転職完全ガイド・転職サイトの選び方・ブランクからの復帰方法などまとめ


看護師転職サイトの失敗しない賢い選び方って?


転職をしたいのですが、どうやって自分にぴったりあった職場を見つけたらいいのか分からないとか、しばらくブランクがあったのだけれどいい職場が見つかるだろうかとか考えて悩んでいる看護師の方結構多いと思います。

そんなときにとても便利な仕事の探し方のひとつに、看護師専門の就職転職支援サイトがあります。

現在多くのサイトが存在していますが、どのサイトも基本的に登録は無料です。

自分が希望する労働条件やこれまでのキャリアなどを書き込んで登録すると、一人ひとりに専門のコンサルタントがついて、自分が希望する条件にあった職場が見つかるまで、きめ細かくサポートをしてくれます。

個人ではなかなか知ることができない、非公開の好条件の人気の職場も紹介してもらうことができるので、より希望する職場をさがしやすくなるメリットもあります。

また病院やクリニック、介護施設などの職場の雰囲気や人間関係、詳細な労働条件や勤務時間など、入職する前に知っておきたい内部の情報もコンサルタントを通じて知ることができるので、安心して新しい仕事場に臨むことができます。

転職を考えているのだけれど、今の仕事が忙しくて自分にあった職場をさがす時間が取れないという方は、1度看護師さん専門の就職転職支援サイトがを利用してみてはいかがでしょうか?





看護師ってどんな仕事?

いつの時代も必要とされる職業の一つである看護師。

近年の医療現場は目を見張る勢いで変化しています。

時代は少子高齢化が進んでいて、その流れに合わせて医師も看護師も変化しなければならないのです。


看護師の仕事にはさまざまあり、病院での仕事は医師と患者の橋渡しに始まり、患者家族とのコミュニケーション、入院病棟では患者の看護、高齢者の介護とひとりでたくさんの仕事をこなします。


入院中の患者は、適切な治療やケア、リハビリなどを受けることで回復して退院へと向かいます。

その過程で、様々なお世話をするのが看護師の仕事です。<

患者の状態を確認する他、血圧の測定や薬の投与、さらには注射なども行います。

体の不自由な患者については歩行訓練などを手伝い、トイレへ行く際に付き添うのも仕事の一つです。

快適に病院内での時間を過ごせるよう、看護師が行うケアは多岐に渡ります。


病院以外では、福祉施設や老人施設で働くこともできます。

施設で暮らすお年寄りの方々の健康をサポートするためにも、高度な技術を持つ看護師の能力は欠かせないからです。 介護が必要となると、力仕事が増える事から、男性看護師の存在に注目が集まっています。

また医師に専門医や認定医が存在するように、専門看護師、認定看護師の存在も増えてきました。
これは増え続ける生活習慣病や重い病気を、的確に短期間で治療するためです。
これからの時代は的確な診察と、患者に負担のかからない治療つまり短期間で確実な治療が当たり前となります。

専門看護師、認定看護師の資格を取得するには、ある程度の経験と知識が必要です。


病院に勤務する看護師のほかに産業看護師というのがあります。
これは企業の医務室や学校の保健室に勤務する看護師のことです。

病院勤務とは違い、一般企業に勤めるため最初はギャップもありますが、勤務状態が安定していて転職先としては人気があります。
企業や学校の健康診断、また具合が悪くなった社員や生徒の症状を見て判断し応急処置を施すため、やはりある程度の病院での経験や知識が必要です。


全国的に看護師は不足しているといわれています。
家庭との仕事を両立するために夜勤を控えたい看護師のために、最近では夜勤専従看護師の存在も注目されています。
夜勤専門で働くことで、休日や昼間は勉強会やセミナーに出席してスキルアップできる、勤務日数が決められている、報酬面が良いなどの理由から人気があります。




どんなスキルが必要?

看護師として働くためには、国家資格である看護師国家試験に合格する必要があります。


これは看護系の大学や専門学校などで指定の学科を履修することで、受験資格が得られます。




知識以外に必要なものは?

こうした資格に加えて、患者の方を優しくケアし確実にコミュニケーションできる能力も必要です。


人の命を預かる仕事でもあることから、ミスをすることなく仕事をこなせる正確さも求められます。


仕事の量が多い上に勤務体制も不規則になりがちなため、それに耐えられる体力も必要となります。




看護師の平均給はいくら?

看護師は、看護学校や大学で3000時間以上の専門的な教育を受けた後に国家試験を受験する資格が得られます。

年間で5万人を超える人が国家試験に受験しており、合格率は約90%です。

人間の命にかかわる職業であり、診療補助と療養のサポートをする専門家として認識されています。

専門的な教育を受けている上に確実な技術を持っている事から看護師の平均給与は、一般企業よりも高い水準にあります。

ただし労働環境は病院ごとに異なっており、納得のいく転職を果たすためには工夫する必要があります。看護師転職サイトは、転職を成功させるために欠かす事が出来ない重要な存在です。

看護師の特徴は、女性が占める割合が高いという事です。結婚や出産等により、状況が異なってしまう事があります。看護師転職サイトでは、女性に対してのサポートに力を注いでおり、条件交渉についてのサポートを専任コンサルタントが行っています。

病院の環境についての詳細なレポートも公開されているので、働く前の不安を解消する事が出来ます。給料や勤務時間等の基本的な情報以外にも、知りたい情報を収集する事が出来ます。

無料での会員登録が可能なサイトも多数存在しており、時間もお金もかけずに利用できるサービスです。




看護師転職サイトを利用すると履歴書や面接もらくらくクリア!

看護師転職サイトは、全ての看護師の転職を応援する総合的なサービスを提供しています。

多数の看護師求人を掲載しているだけではなく、履歴書の書き方や面接の方法、病院との条件交渉等を専任コンサルタントによるサポートを受ける事が出来ます。

人間関係や実際の勤務時間等の内部情報についての詳細なレポートも公開しているので、転職前の精神的な不安を解消する事も可能となります。単に転職するだけではなく転職に成功するために、看護師転職サイトは必要不可欠の存在です。

多数の看護師転職サイトが存在しており、無料での会員登録が可能なサイトを見つける事が出来ます。看護師転職サイトを利用する事により、効果的な転職活動を行う事が出来るのは間違いがありません。




アルバイトを選ぶ看護師さんが増えているその理由は?

看護師の資格を持っていれば、正職員でバリバリに稼いで働くという働き方もありますが、アルバイト勤務で働くと言う勤務スタイルにもそれなりのメリットはあります。


アルバイトで働きたいと思っている、看護師さんの多くはおそらく結婚していると思います。


家族の扶養範囲内で働きたい、子育てと両立しながら働きたい。


もしくは長年子育て介護で看護師の仕事から離れていてブランクがあり、働きに出るのは不安だと様々な理由の中で、仕事を探している、探したい看護師さんは多いのが現状です。


看護師さんが、アルバイトで働くメリットは、アルバイトでもそこそこの時間給が確保できます。


ほかの接客業などのパートよりも、短時間で同じ給料が得ることができます。


子育てでまだまだ忙しい、時間が取れないと言っていても短時間で稼ぐことが可能なのです。

子育て、家事との両立も可能です。


またアルバイト勤務であれば、仮に就職先がどうしても自分の希望条件とマッチしない時に、仕事をやめやすいと言うメリットもあります。


ブランクが長かった看護師さんの場合、アルバイトの短時間勤務で看護師としての感を取り戻して、徐々に正規職員へ移行することも可能です。


さあ、働くことをためらっている看護師さんも、まずはアルバイトから初めてみませんか?




看護師から保健師に転職する方法とは?資格は必要?

看護師の仕事をしているうちに、保健師と言う仕事にも興味を持つ人も多くおられるようです。


しかしながら、看護師資格があるからと言って保健師になれるのではありません。


保健師は、看護師とは別の国家資格です。


そこで看護師と保健師の国家試験の受験資格を得るのに一番手っ取り早い方法は、保健師及び看護師統合カリキュラムがある学校に入学するのが一番手っ取り早いと思います。


保健師は、看護師の基礎教育及び保健師としての保健師専門教育も受けなければなりません。


最近は多くの看護科のある大学で、保健師及び看護師統合カリキュラムが採用されているようです。


学校に入る段階で、自分の資格の幅を広めておくことが可能ですね。


さて両方の資格を持っていれば、看護師から保健師の転職は可能になります。


高齢化時代の保健指導など様々な分野で、今保健師の需要は伸びてきています。


看護師としての勤務経験のある保健師は、現場での実践能力も高いですし、求人をしている側からは良い印象を受けると思います。


看護師で保健師資格を持つ人は、看護師だけでなく保健師としての転職も可能です。


一度、保健師に興味があるのであれば求人情報を探すのも良いかも知れませんね。




准看護師から正看護師に転職する方法とは?

准看護師と看護師(以後はわかりやすくするために、生看護師としますね)の仕事の内容はほとんど変わりません。<

同じと言っても過言はありません。

しかし、准看護師と正看護師は、その資格の差ゆえ、給料面での待遇は大きく異なるのが現状です。


ここで准看護師の人は考えると思います。


「正看護師になる、転職するにはどうしたらよいのだろう?」


今回、准看護師から正看護師に転職する方法をお教えしますね。


まず准看護師として3年勤務して、その後2年間看護師資格を取得できる学校で2年間学んで、正看護師の国家試験を受験する方法があります。


また10年准看護師として勤務して、その後通信教育で国家試験の受験資格を得るために学ぶと言う選択肢もあります。


このように書くと、最初に就学する段階で、准看護師になるために2年の課程を選択するより、正看護師になるために3年間の課程を選択するほうが無難かも知れません。


しかし、実際に准看護師として勤務して通信教育で正看護師資格を取得できるチャンスはあるのですから、給料アップしたい人、正看護師に転職したい人は新たに勉強を始めるのは可能なのです。


まずは看護師転職サイトや看護師資格を取得するための通信教育のサイトを調べてみるのが良いかも知れませんね。


ブランク看護師さんの職場復帰体験談


●「3年のブランクがあっても職場復帰できました!」

私はドラマなどで憧れて看護師になることを決め、頑張って国家資格にも合格しましたが、実際に看護師に就いてみて実際の現場と対峙すると、患者の命を支えているという精神的なプレッシャーや、様々な雑務に追われる肉体的な負担が思った以上に辛く、このまま続けていけるかどうか不安になりました。

それでもせっかく勉強して看護師になったのだからと自分に言い聞かせ、何とか毎日頑張っていましたが、ある時私が妊娠したのをキッカケに、このまま看護師を続けていくかどうかの選択を迫られることになったのです。


妊娠したといっても、看護師にはすぐさま補充の人員を確保出来る訳では無いので、そのまま看護師の仕事を続けていらっしゃる方は大勢います。


それでも私はこの状態のままでいるとお腹の中の子供にどんな負担がかかるか分からないし、育児も十分に出来るか分からなかったので、休暇を取る形にせず、一旦退職して子供の事が落ち着いてから復職する道を選びました。


そしてある程度年月が過ぎ、子供の事も落ち着いたので、ブランクがあってスキルの低下が心配でしたが、看護師用の転職サイトでその様な私をサポートしてくれる職場が見つかったので、現在は看護師に復帰することが出来ました。


看護師は命にたずさわる仕事です。約3年間現場を離れていた私がまた看護師の仕事をきちんとこなせるかとても心配でしたが、看護師の仕事と育児で充実した毎日を過ごしている今があるのは転職エージェントさんの優しいサポートがあったからだと感謝しています。




●「看護師転職サイトのサービス内容に驚きでした!」

産休のために看護師の仕事を一旦離れていたのですが、子育てもひと段落ついたところで、そろそろ職場復帰しようと動き出しました。


前の職場の同僚だった看護師の人に教えてもらった看護師専門の転職サイトというのに登録し、そこで私の転職活動ははじまりました。


まず驚きだったのがその案件の豊富さです。

私が新人ナースだった頃はこれだけの案件を一挙に検索できるサービスなどはありませんでしたから非常に驚きました。


また自分が希望としていた夜勤、自宅近辺、最低賃金などの条件もことこまかくリサーチする検索機能がついており、自分が希望する職場を数件まで絞り込むのにさほど時間はかかりませんでした。


これだけの合理性と効率性が実現されているなんて思いもよりませんでしたので、非常に感動しました。


また看護師の現場の経験と知識も豊富にもっており、かつ現場とのパイプも持っている専任のコンサルティングの人のアドバイスも非常にためになりました。


文字情報だけでは分からない実際の職場の雰囲気や起こりうるリスクなどもアドバイス頂けたので、私は自分が希望としていた理想の職場に極めて近い職場を選ぶことが出来たと思っています。


あの時、知人の紹介で転職サイトに登録して本当によかったと思っています。




●「ブランクがあるのが不安でしたがアドバイザーさんのおかげで気持ちが落ち着きました」

しばらく看護師をお休みしていました。小さい子がいる内は働かずに子育てに専念しようと決めていたからです。


しかし子供達も小学校に上がり、塾などにお金がかかるようになってくると、将来に備えての貯蓄という面から再び看護師として働くことを決意しました。


そんな時ネットで看護師転職サイトを見つけたので、家事の合間に3サイトへ登録しておきました。


看護師転職サイトでは自分の希望する勤務地や待遇面など、看護師として勤務する条件面の希望を出しつつ、専任のアドバーザー転職する転職に関する細かなアドバイスやサポートをしてくれるという感じでした。


しばらく働いていなかった時期、ブランクがあることがとても不安だったのですが、アドバイザーの方といろいろなお話をしていくうちに緊張感がほぐれていきました。


それに転職サイトでは非公開求人といって、一般的にあまり目に触れることが無い病院の求人まで見れるようになっているので、いくつか見比べる時もとても情報量があって非常に便利でした。


通勤できる範囲で条件の良い求人を見つける事ができ、今の病院に勤務することになりました。


ブランク開けですがすぐに仕事にも慣れました。


前に働いていたところと同じぐらい人間関係も良好です。


お給料の方も満足できるので、転職サイトを利用して良かったなと思っています。


ブランクがある看護師の研修制度とは?

研修制度でブランク看護師さんの復職不安をスッキリ解決

看護師が、家庭の事情や出産などで離職されることは、良くあることです。

それは、看護師の大部分が女性であるが故です。

配偶者の転勤で、それまで勤めていた医療機関を退職し、異動先で自分に合った病院などが見つからず、そのままブランク期間が長くなってしまうこともあります。

医療の世界は、日進月歩ですから半年のブランクでも、分野によっては復帰が難しい場合があります。

ましてや、2年・3年のブランクは致命的です。

そういった元看護師のための研修制度があります。

医療過疎の地方自治体で実施しているところもありますし、看護師転職サイトで復職のための研修制度を設置しているところがあります。

また、医療機関でブランクのある医療従事者のための研修制度を持っているところもあります。

しかし、ブランクのある看護師を雇用する医療機関は、人手不足解消のためにブランク看護師であることを承知で雇用するわけですから、復職後は忙しくて研修制度を受ける時間を確保できないのが実情です。

看護師転職サイトで研修を受ければ、それは就職を希望する医療機関へのPRになりますので強力な武器となります。

転職サイトのコーディネーターに相談すれば、自分に適した研修制度の紹介や復職先を紹介してもらえます。

折角、苦労してして取得した看護師免許ですから、こういった制度を利用して復職する前にブランクの不安を解消しておくのが大事です。

人気看護師転職サイトのおすすめランキング






同じカテゴリーの最新の記事